Publication

Book

  1. 人工知能学会編: 人工知能学大辞典, 共立出版, ISBN 978-4-320-12420-2, 2017.7(分担執筆)

Journal Paper (Peer Reviewed)

  1. Kazushi Okamoto: Analysis of Influence Factors for Learning Outcomes with Bayesian Network, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, 22(6), 943-955, 2018.10
    [publisher site]

  2. Yuta Segawa, Kazuhiko Kawamoto, Kazushi Okamoto: First-Person Reading Activity Recognition by Deep Learning with Synthetically Generated Images, EURASIP Journal on Image and Video Processing, 2018.5
    [publisher site]

  3. 岡本 一志, 丸茂 里江, 佐野 悠: 書架設置型RFIDシステムを用いた資料の図書館内利用調査, 情報知識学会誌, 27(3), 227-244, 2017.9
    [publisher site]

  4. 名渡山 夏子, 岡本 一志: Word2Vecに基づく購買履歴からのアイテムベクトル学習, 知能と情報, 29(3), 579-585, 2017.6
    [publisher site]

  5. Kazushi Okamoto: Families of Triangular Norm-based Kernel Functions and their Application to Kernel k-Means, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, 21(3), 534-542, 2017.5
    [publisher site] [institutional repository]

  6. Kazushi Okamoto, Kazuhiko Kawamoto: First-Person Vision Based Prediction of Information Seeking and Use Behavior in Library, Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics, 29(2), 574-578, 2017.4
    [publisher site]

  7. 川本 一彦, 古閑 勇介, 岡本 一志: 複数人物追跡のための確率的セルオートマトンの学習, 知能と情報, 28(6), 932-941, 2016.12
    [publisher site]

  8. 浅沼 仁, 岡本 一志, 川本 一彦: 特徴学習による全方位画像からの人検出, 知能と情報, 27(5), 813-825, 2015.10
    [publisher site]

  9. Kazushi Okamoto, Kazuhiko Kawamoto, Fangyan Dong, Shinichi Yoshida, Kaoru Hirota: An Evaluation Strategy for Visual Key Image Retrieval on Mobile Devices, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, 16(5), 713-722, 2012.9
    [publisher site]

  10. Kazushi Okamoto, Fangyan Dong, Shinichi Yoshida, Kaoru Hirota: Content-Based Image Retrieval via Combination of Similarity Measures, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, 15(6), 687-697, 2011.8
    [publisher site]

  11. 岡本 一志, 董 芳艶, 吉田 真一, 廣田 薫: t-normに基づいたヒストグラム交差法の提案と画像検索への応用, 日本感性工学会論文誌, 10(1), 11-21, 2011.1
    [publisher site]

  12. 岡本 一志, 董 芳艶, 吉田 真一, 廣田 薫: 離散コサイン変換領域の特徴に基づいた画像索引作成法, 知能と情報, 21(6), 1092-1102,2009.12
    [publisher site]

International Conference (Peer Reviewed)

  1. Kazushi Okamoto: Feature Map Approximation of Triangular Norms with Siamese Neural Network, Proceedings of Joint 8th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Applications and 12th China-Japan International Workshop on Information Technology and Control Applications (ISCIIA-ITCA2018), 4M2-3-5, 1-6, Tengzhou, PRC, 2018.11

  2. Kazushi Okamoto: Bayesian Network Based Analysis of Factors Influenced to Learning Outcomes at University, Proceedings of 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII2017), OS-3-2, Beijing, PRC, 2017.11

  3. Kazuhiko Kawamoto, Yoshiyuki Tomura, Kazushi Okamoto: Kriging-based Prediction and Interpolation for Modeling Pedestrian Dynamics, Proceedings of Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (IFSA-SCIS2017), SS-21(161), Otsu, Japan, 2017.6
    [publisher site]

  4. Kazushi Okamoto: Analogy Task Based Comparison of Academic Papers in Institutional Repositories and Wikipedia Articles, Proceedings of 7th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Applications (ISCIIA2016), FA-OS-05, 1-5, Beijing, PRC, 2016.11

  5. Yuta Segawa, Kazuhiko Kawamoto, Kazushi Okamoto: First-Person Activity Recognition by Image Classification, Proceedings of 7th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Applications (ISCIIA2016), FA-OS-02, 1-6, Beijing, PRC, 2016.11
    [Session Best Presentation Award]

  6. Kazushi Okamoto: Families of Triangular Norm Based Kernel Function and Its Application to Kernel k-means, Proceedings of Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS2016), 420-425, Sapporo, Japan, 2016.8

  7. Kazuhiko Kawamoto, Yoshiyuki Tomura, Kazushi Okamoto: Learning Pedestrian Dynamics with Kriging, Proceedings of 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS2016), 921-924, Okayama, Japan, 2016.6

  8. Kazushi Okamoto: Text Analysis of Academic Papers Archived in Institutional Repositories, Proceedings of 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS2016), 915-920, Okayama, Japan, 2016.6

  9. Kazushi Okamoto, Kazuhiko Kawamoto: Kernel Parameter Evaluation of Convolutional Neural Networks for Omnidirectional Images, Proceedings of 4th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics Part2 (IWACIII2015 Part2), 142-145, Wuhan, PRC, 2015.10

  10. Kazuhiko Kawamoto, Yoshiyuki Tomura, Kazushi Okamoto: Pedestrian-movement Prediction by Kriging, Proceedings of 4th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics Part2 (IWACIII2015 Part2), 94-97, Wuhan, PRC, 2015.10
    [Best Paper Award]

  11. Kazushi Okamoto, Hitoshi Asanuma, Kazuhiko Kawamoto: A Graph Based Data Mining Method for Collaborative Learning Space in Learning Commons, Proceedings of World Automation Congress 2014 (WAC2014), 415-420, Hawaii, USA, 2014.8

  12. Tatsuro Matsuo, Natsuki Fujimori, Shinchi Yoshida, Yutaka Hatakeyama, Sachio Saiki, Kazushi Okamoto: Comparison of Motion Correction Methods including Particle Filter for functional Magnetic Resonance Imaging, Proceedings of World Automation Congress 2014 (WAC2014), 697-700, Hawaii, USA, 2014.8

  13. Kazuhiko Kawamoto, Hikaru Kazama, Kazushi Okamoto: Visual Localization using Voting based Image Retrieval and Particle Filtering in Indoor Scenes, Proceedings of 2nd International Conference on Robot, Vision and Signal Processing (RVSP2013), 160-163, Kitakyushu, Japan, 2013.12

  14. Kazushi Okamoto, Mayu Horiuchi, Kazuhiko Kawamoto: Prediction of Information Seeking and Use Behavior in Library Based on Naive-Bayes Nearest-Neighbor, Proceedings of 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS2013), S1b-2, Daejeon, Korea, 2013.11
    [Best Session Paper Award]

  15. Fu-Cheng Lin, Kazuhiko Kawamoto, Kazushi Okamoto: Hand Gesture Recognition using Approximate Nearest Neighbor Search, Proceedings of 3rd International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII2013), GS3-7, Shanghai, PRC, 2013.10

  16. Kazuhiko Kawamoto, Tatsuya Yonekawa, Kazushi Okamoto: Visual Vehicle Tracking Based on An Appearance Generative Model, Proceedings of Joint 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS2012), 711-714, Kobe, Japan, 2012.11

  17. Kazushi Okamoto, Kazuhiko Kawamoto, Fangyan Dong, Shinichi Yoshida, Kaoru Hirota: Design Criteria of Querying Interface for Visual Key Image Retrieval on Mobile Devices, Proceedings of 2nd International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII2011), SS6-3, Suzhou, PRC, 2011.11

  18. Kazushi Okamoto, Fangyan Dong, Shinichi Yoshida, Kaoru Hirota: Content-based Image Retrieval via Ranking of Similarity Measures, Proceedings of the 2010 International Symposium on Intelligent Systems (iFAN2010), S7-6 504, Tokyo, Japan, 2010.9

  19. Hiromi Tachibana, Kazushi Okamoto, Shinichi Yoshida: Proposal of Low Dimensional Color Feature and Key Presentation Method for Visual Key Image Retrieval, Proceedings of International Workshop on Information Technology 2009 (IWIT2009), Jilin, PRC, 2009.9

  20. Kazushi Okamoto, Shinichi Yoshida: Proposal of A Compressed Domain Visual Key Image Retrieval System, Proceedings of International Conference on Next Era Information Networking 2007 (NEINE2007), NEINE07-140, Shanghai, PRC, 2007.9

  21. Kazushi Okamoto, Akihiro Shimizu: A Study on Encryption Methods for Digital Video Recorders, Proceedings of International Conference on Next Era Information Networking 2006 (NEINE2006), Kochi, Japan, 2006.9

Domestic Conference (Non-Peer Reviewed)

  1. Richard Pettersson, 岡本 一志: Application of Subspace Clustering in Automatic Index Recommendation System, 第34回ファジィシステムシンポジウム 講演論文集, 867-870, 愛知県名古屋市, 2018.9

  2. 藤井流華, 岡本 一志: 重回帰分析による推薦の透明性を有したモデルベース協調フィルタリング, 統計数理研究所共同研究リポート406: 不確実状況下での動的状態推定と知能情報科学の融合 (1), 17-27, 東京都立川市, 2018.3

  3. 藤井 流華, 岡本 一志: Word2Vecによる次元圧縮と重回帰分析型協調フィルタリングへの応用, Webインテリジェンスとインタラクション研究会 第11回研究会予稿集, 77-80, 東京都千代田区, 2017.12

  4. 中村 伊吹, 川本 一彦, 岡本 一志: 一人称視点行動認識のためのニューラルネットワークの小型化, 情報処理学会研究報告, 2017-CVIM-207(9), 1-6, 2017.5

  5. 川本 一彦, 岡本 一志: データ同化に向けた人物移動モデリングに関する研究, 統計数理研究所共同研究レポート393: 逐次モンテカルロ法の多分野への水平展開と統合による知見の集約 (2), 9-17, 東京都立川市, 2017.3

  6. 今井 俊輔, 岡本 一志: 人工蜂コロニー最適化に基づくベイジアンネットワーク型協調フィルタリング, 統計数理研究所共同研究レポート393: 逐次モンテカルロ法の多分野への水平展開と統合による知見の集約 (2), 5-8, 2017.3

  7. 名渡山 夏子, 岡本 一志: 数式からみるWord2Vec, パーティクルフィルタ研究会1月実践セミナー, 高知県香美市, 2017.1

  8. 今井 俊輔, 岡本 一志: Rによるベイジアンネットワーク入門, パーティクルフィルタ研究会1月実践セミナー, 高知県香美市, 2017.1

  9. 岡本 一志: 機関リポジトリから収集した学術論文のテキスト解析に関する一検討, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 2016 講演論文集, 967-968, 滋賀県大津市, 2016.12

  10. 戸村 恵之, 川本 一彦, 岡本 一志: クリギングに基づく人物移動予測, 第26回インテリジェント・システム・シンポジウム, T3A4, 2016.10

  11. 瀬川 雄太, 川本 一彦, 岡本 一志: 画像分類を用いた一人称行動認識, 情報処理学会研究報告, 2016-CVIM-203(49), 1-8, 2016.9

  12. 今井 俊輔, 岡本 一志: 人工蜂コロニー最適化によるベイジアンネットワーク学習の近傍探索の影響評価, 第32回ファジィシステムシンポジウム 講演論文集, 641-642, 佐賀県佐賀市, 2016.9

  13. 名渡山 夏子, 岡本 一志: 単語の分散表現の購買履歴への応用, 第32回ファジィシステムシンポジウム 講演論文集, 275-276, 佐賀県佐賀市, 2016.8

  14. 瀬川 雄太, 川本 一彦, 岡本 一志: 画像分類を用いた一人称行動認識, 第19回画像の認識・理解シンポジウム, PS3-63, 2016.8

  15. 戸村 恵之, 川本 一彦, 岡本 一志: 時空間クリギングを用いた人物移動予測, 第19回画像の認識・理解シンポジウム, PS3-49, 2016.8

  16. 岡本 一志: 機関リポジトリから収集した学術論文のテキスト解析に関する一検討, Webインテリジェンスとインタラクション研究会 第8回研究会予稿集, 51-52, 鹿児島県鹿児島市, 2016.6

  17. 川本 一彦, 戸村 恵之, 岡本 一志: クリギングによる人物移動予測, パーティクルフィルタ研究会 4月ワークショップ, 2016.4

  18. 岡本 一志: 機関リポジトリからの学術論文の収集とテキスト解析の試み, パーティクルフィルタ研究会 4月ワークショップ, 東京都調布市, 2016.4

  19. 古閑 勇介, 川本 一彦, 岡本 一志: 深層学習に基づく人検出と移動軌跡データに基づく人物移動の追跡と予測, 統計数理研究所共同研究リポート367: 逐次モンテカルロ法の多分野への水平展開と総合による知見の集約, 11-18, 東京都立川市, 2016.3

  20. 岡本 一志: t-normに基づいたカーネル関数の設計, パーティクルフィルタ研究会2月講演会, 2016.2

  21. 戸村 恵之, 川本 一彦, 岡本 一志: クリギングを用いた人物相互作用モデリングとその人物移動予測への応用, 情報処理学会研究報告, 2016-CVIM-200(38), 1-5, 2016.1

  22. 古閑 勇祐, 川本 一彦, 岡本 一志: 人物移動軌跡データを用いた確率的セルオートマトンの構築とその人物追跡への応用, 情報処理学会研究報告, 2016-CVIM-200(37), 1-6, 2016.1

  23. 戸村 恵之, 川本 一彦, 岡本 一志: クリギングを用いた人物間相互作用モデリングとその人物移動予測への応用, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会, SS21-6, 2015.11

  24. 瀬川 雄太, 川本 一彦, 岡本 一志: 文書領域検出のための人工生成サンプルを用いた教師あり学習, 第18回画像の認識・理解シンポジウム 講演論文集, SS4-37, 2015.7

  25. 戸村 恵之, 川本 一彦, 岡本 一志: クリギングを用いた人物移動予測, 第18回画像の認識・理解シンポジウム 講演論文集, SS3-33, 2015.7

  26. 古閑 勇祐, 川本 一彦, 岡本 一志: 粒子フィルタを用いたフロアフィールドモデルに基づく人物追跡, 第18回画像の認識・理解シンポジウム 講演論文集, SS2-28, 2015.7

  27. 戸村 恵之, 川本 一彦, 岡本 一志: クリギングを用いた人物移動予測, 情報処理学会研究報告, 2015-CVIM-197(18), 1-6, 2015.5

  28. 瀬川 雄太, 川本 一彦, 岡本 一志: 文書領域検出のための人工生成サンプルを用いた教師あり学習, 情報処理学会研究報告, 2015-CVIM-197(13), 1-6, 2015.5

  29. 川本 一彦, 岡本 一志, 浅沼 仁, 古閑 勇介, 戸村 恵之: 深層学習に基づく人検出と移動軌跡データに基づく人物移動の追跡と予測, 統計数理研究所共同研究リポート330: パーティクルフィルタに基づくマルチメディア計算知能 (2), 21-25, 2015.3

  30. 浅沼 仁, 川本 一彦, 岡本 一志: Deep Convolutional Neural Networkによる全方位画像からの人検出, 情報処理学会研究報告, 2015-CVIM-195(59), 1-4, 2015.1

  31. 谷 綾子, 川本 一彦, 岡本 一志: 手首装着型慣性センサ値の分解と行動認識への応用, HCGシンポジウム2014 講演論文集, 527-530, 2014.12

  32. 川本 一彦, 岡本 一志, 古閑 勇祐: カメラを用いた群集運動パターンの推定, パーティクルフィルタ研究会 月例講演会 / 東京大学地震研究所 研究集会「データ同化と粒子フィルタの接点」, 2014.10

  33. 岡本 一志, 浅沼 仁, 川本 一彦: グラフマイニングによる協同学習空間の利用分析, パーティクルフィルタ研究会 合宿研究会, 2014.9

  34. 栃木 博子, 能登谷 泰見, 小野 永貴, 岡本 一志, 兼岡 理恵, 長丁 光則: 「風土記」の授業におけるデジタル地図教材の開発, 日本デジタル教科書学会2014年度年次大会 講演論文集, 2J-C4, 2014.8

  35. Hikaru Kazama, Kazuhiko Kawamoto, Kazushi Okamoto: Efficient Outlier Removal Based on 1DoF Parameterization for 5DoF Motion Estimation, 第17回画像の認識・理解シンポジウム 講演論文集, SS1-52, 2014.7

  36. 古閑 勇祐, 川本 一彦, 岡本 一志: 粒子フィルタを用いた確率的セルオートマトンに基づく人物追跡, 第17回画像の認識・理解シンポジウム 講演論文集, SS1-46, 2014.7

  37. 浅沼 仁, 川本 一彦, 岡本 一志: 画像からのグラフ表現を用いた空間配置分析, 第17回画像の認識・理解シンポジウム 講演論文集, SS1-20, 2014.7

  38. 古閑 勇祐, 川本 一彦, 岡本 一志: 疎な人物移動軌跡からの確率的セルオートマトンの構築とその予測への応用, 情報処理学会研究報告, 2014-CVIM-192(27), 1-7, 2014.5

  39. 蛯原 刀也, 川本 一彦, 杉本 晃宏, 岡本 一志: Kinectを用いた3次元人体モデル生成のための運動物体分離とレジストレーション, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-12-37, 2014.3

  40. 堀内 麻由, 川本 一彦, 岡本 一志: 一人称視点カメラと加速度センサを用いた情報探索行動の検出, HCGシンポジウム2013 講演論文集, 282-285, 2013.12

  41. 風間 光, 川本 一彦, 岡本 一志: 2段階RANSACによる車載カメラ画像間の誤対応除去の効率化, 第16回画像の認識・理解シンポジウム講演論文集, SS4-20, 2013.7

  42. 堀内 麻由, 川本 一彦, 岡本 一志: 一人称視点カメラと加速度センサの併用による情報探索行動の推定, 第16回画像の認識・理解シンポジウム講演論文集, SS3-12, 2013.7

  43. 竹内 比呂也, 庄司 三千子, 丸茂 里江, 池尻 亮子, 竹内 茉莉子, 谷 奈穂, 國本 千裕, 岡本 一志, 白川 優治, 川本 一彦: 図書館付設型ラーニングコモンズの整備による学習行動の変容に関する探索的研究
    大学教育学会第35回大会 自由研究発表Ⅰ 部会6 ラーニング・コミュニティ 講演論文集, 2013.

  44. 浅沼 仁, 川本 一彦, 岡本 一志: グラフマイニングのための空間配置のグラフ構造表現, 情報処理学会研究報告, 2013-CVIM-187(32), 1-8. 2013.5

  45. 平野 勇太, 川本 一彦, 岡本 一志: オーバーセグメンテーションに基づく屋内画像の領域分類, 情報処理学会研究報告, 2013-CVIM-187(31), 1-8, 2013.5

  46. 福岡 龍大, 川本 一彦, 堀内 麻由, 岡本 一志: ジェスチャ認識のためのRGB-Dカメラを用いた局所時空間特徴の比較評価, HCGシンポジウム2012 講演論文集, 266-269, 2012.12

  47. 田代 祐志, 川本 一彦, 岡本 一志: 複数人物の移動軌跡データからの環境モデルパラメータの逐次ベイズ推定, 情報処理学会研究報告, 2012-CVIM-184(2), 1-7, 2012.12

  48. 岡本 一志: Fuzzy bag of featuresによる図書館内での自己位置推定, パーティクルフィルタ研究会 合宿研究会, 2012.9

  49. 岡本 一志, 風間 光, 川本 一彦: 図書館内での自己位置推定のためのファジィコードブック型画像探索法, 第28回ファジィシステムシンポジウム 講演論文集, 28, 444-447, 2012.9

  50. 川本 一彦, 風間 光, 堀内 麻由, 岡本 一志: 図書館内における画像センシング, パーティクルフィルタ研究会 月例講演会, 2012.7

  51. 竹内 比呂也, 姉川 雄大, 白川 優治, 國本 千裕, 川本 一彦, 岡本 一志, 米田 奈穂, 庄司 三千子, 谷 奈穂: 大学図書館でのSAによる学習相談の試行的実践 - 千葉大学アカデミック・リンクの事例報告 -
    大学教育学会第34回大会 自由研究発表II 部会14 学生・学習支援 講演論文集, 1-2, 2012.5

  52. 風間 光, 川本 一彦, 岡本 一志: 画像検索を用いた図書館内での自己位置推定, 情報処理学会研究報告, 2012-CVIM-182(27), 1-8, 2012.5

  53. 堀内 麻由, 川本 一彦, 岡本 一志: 一人称視点カメラを用いた情報探索行動の推定, 情報処理学会研究報告, 2012-CVIM-182(1), 1-7, 2012.5

  54. 川本 一彦, 風間 光, 堀内 麻由, 岡本 一志: 図書館センシング -情報利用行動の調査に向けて-, 統計数理研究所共同利用研究成果報告会 一般研究2, 23-共研-2014, 2012.2

  55. 岡本 一志, 董 芳艶, 吉田 真一, 廣田 薫: 類似度集約に基づく類似度構成法の提案と画像検索システムへの適用, 第26回ファジィシステムシンポジウム 講演論文集, 26, 983-988, 2010.9

  56. 岡本 一志, 董 芳艶, 吉田 真一, 廣田 薫: Dubois t-normとHamacher t-normに基づいたヒストグラム交差法の提案と類似画像検索への応用, 感性フォーラム札幌2010 講演論文集, 11-12, 北海道札幌市, 2010.1

  57. 岡本 一志, 董 芳艶, 吉田 真一, 廣田 薫: 離散コサイン変換領域の特徴に基づいた画像索引作成法, 第25回ファジィシステムシンポジウム 講演論文集, 25, 232-249, 2009.7
    [日本知能情報ファジィ学会20周年記念企画査読あり論文セッション優秀論文発表賞]

  58. 岡本 一志, 董 芳艶, 吉田 真一, 廣田 薫: DCT領域におけるテクスチャ特徴抽出法, 第33回ファジィワークショップ 講演論文集, FW-94, 2009.3

  59. 岡本 一志, 董 芳艶, 吉田 真一, 廣田 薫: DCT領域の特徴を用いた携帯端末向け画像検索, 第31回ファジィワークショップ 講演論文集, 17-18, 2008.8

  60. 前田 豊文, 岡本 一志, 吉田 真一: ビジュアルキー型画像検索のためのクラスタリング法の改善, 電子情報通信学会総合大会 講演論文集, 情報・システム 2, 123, 2008.3

  61. 岡本 一志, 吉田 真一: DCT Domain Color Feature Extraction for Visual Key Image Retrieval, 第22回信号処理シンポジウム 講演論文集, 322-326, 2007.11

  62. 岡本 一志, 吉田 真一: 周波数領域における特徴量を用いたビジュアルキー型画像検索, 電子情報通信学会技術研究報告, 107(181), 37-42, 高知県高知市, 2007.8

  63. 岡本 一志, 出口 雅大, 清水 明宏: DCT係数の部分暗号化に関する一検討, 電子情報通信学会技術研究報告, 106(353), 13-18, 2006.11

  64. 岡本 一志, 清水 明宏: Digital Video Recorderへの暗号適用に関する考察, 電子情報通信学会技術研究報告, 106(55), 43-48, 2006.5

Invited Talk

  1. 岡本 一志: これから始めるディープラーニング, インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング 第13回研究会, 2016.7

  2. 岡本 一志: 千葉大学アカデミック・リンク:図書館機能をベースにした新しい学習環境の創造とその評価, New Education Expo 2014, 2014.6

  3. 岡本 一志: アカデミック・リンクはどこまで進んだか, New Education Expo 2013(大阪会場), 2013.6

  4. 岡本 一志: 千葉大学アカデミック・リンク:新しい学習環境の創造と課題, 大学NUA 第40回研究会, 2013.6

  5. 岡本 一志: アカデミック・リンクはどこまで進んだか, New Education Expo 2013(東京会場), 2013.5

  6. 竹内 比呂也, 姉川 雄大, 岡本 一志, 國本 千裕, 藤本 茂雄: 千葉大学アカデミック・リンクは進化する -新しい学習環境の創造と課題, 第14回図書館総合展, 2012.11